何のために働くのか-3つの意識の変化

アイキャッチ転職 キャリア

こんにちは チベスナです

 

”就職”というと”学生が終わると誰しもが通る道”

というのが一昔前の定説でしたよね

私も何も疑うことなくまさに定説通りの就活をしてきました

働き始めてから現在に至るまでの間に

何のために働くのか”ということへの3つの意識の変化がありました

大学生のテンプレ路線(定説)

大学3年生の後期になると突然周囲がざわざわしだしますよね

そう”就活”です

今まで一緒ににバカやっていた友人が

急に人が変わったように 髪の毛を短髪にし 黒く染め 清潔感をまとい

毎日スウェットだったあいつがスーツで通学?!

なんてことありませんでしたか?

私なんてまさにそれです

なんか周りがやり始めたからやっとくか~ ってな気持ちでした

いざ就活が始まると

将来どこで何がしたいかも決まってないけど

とりあえず大きい会社なら安心か~

と、深く考えず就職活動を開始しました

それなりの会社に入って

それなりに働いて

それなりに稼いでいくんやろな~

みんなそうだしそれでいいでしょ

まあ そんなもんよ~

合同説明会に行って

適当に知ってる会社のブースに座り

ちょっと話を聞いただけで他の人よりも知ったような顔をして

「あの会社はいい」

「あの会社はだめだ!」

今思い返すと 何を根拠に粋がって論評してたんでしょう(笑)

同じような気持ちの方いらっしゃいませんかね?

  • 何がしたい
  • 何のために働く
  • どれだけ稼ぎたい

当然そんな軸なんてなく

ある会社の説明会に行く→なんか良さそう→エントリーしてみるか~

そして 書類通過して面接が決まってから企業研究をして

さも以前から考えていたかのような志望動機を取り繕って面接に挑む

もちろん全員が全員こんな人ばっかりではないのは承知です

しっかりと軸を決めて就活をしてきた方もいらっしゃると思います!

が、少なくとも私はそこまでの熱意をもって就活ができませんでした

だから今こんな状況なんですけどね(笑)

無事内定が出て就職成功

幸いなことに(?)毎日CMを流してるような大きな会社に入ることができて

それから7年間 新卒で入社した従業員数1万人以上のいわゆる大企業勤務

傍から見ればまさに無難な社会人生活を過ごしてきました

しかし今は納得感を持てず将来に不安を抱えています

今やってることは本当にやりたいことなの?

そこそこの生活はできても豊かな暮らしは実現できる?

豊かな暮らしに必要な資産形成はできるの?

結婚を機に”豊かな暮らし”について考えるようになりました

 

人それぞれ”豊か”の定義は違うでしょう

  • 大金持ちになりたい
  • 好きなことして稼ぎたい
  • 一日中ゲームをしていたい などなど

私にとっての豊かな暮らしとは

”妻と自由気ままに世界中を旅することができる状態”だと気づきました

気づいたというか 数日考えた結果この答えでした

結婚をするまで特に夢や野望はありませんでしたが

始めて具体的に未来を想像したことで豊かな暮らしを送りたいと考えるようになりました

そのため 現状の会社に縛られて生きていくことは

自分の目的には適合しないな と考えたワケです

  • やりたくもない仕事にNOと言えない
  • 時間と心に余裕がない
  • 収入の柱が一本しかない
  • 資産形成をしていく知見がない

この状況を打破するには

  • まずは 時間と心に余裕が持てる仕事に転職する
  • そして 副業に力を入れる
  • 同時に 資産形成の勉強を始める

つまり自分が取るべき具体的な行動は

  1. 転職
  2. 副業
  3. 資産形成の勉強

この3つであると分かりました

最後に

思い返すと就活の時点でやり方を間違っていました

多くの人がそうなのではないでしょうか

とは言うものの過去を悔やんだところで何も変わらんので

この先は行動あるのみです

一昔前なら”新卒で選んだ会社で定年まで過ごす”

これが当たり前でしたが今は違います

違うレールに乗っかってしまったならやり直しができます

私の活動でそれが実証できたら嬉しいです

コメント

タイトルとURLをコピーしました